Category

世界の猫 1/3

【世界の猫】縮れてごわごわした被毛が特徴~アメリカンワイアーヘアー

このねこのご先祖様はニューヨーク州の片田舎でうまれたアダム。針金のように堅い被毛の、天パーの猫であったのです。この猫の縮れ毛も突然変異で、しかも優性遺伝なので、どんな短毛の猫と交配しても生まれてくる子猫は縮れっ毛になってしまうそうです。現在のアメリカンワイアーヘアーは、毛質以外の特徴はアメリカンショートヘアーと同じらしいです。だから画像検索しても、ネット上はアメショーばっかり出てきて、ワイヤーヘア...

  •  0
  •  0

【世界の猫】くるんとカールした耳がチャームポイント~アメリカンカール

前に耳が折りたたまれたねこを紹介したので、今回は反り返ったねこを。ねこと暮らしている方々なら一度は、猫の耳をもてあそんで「うさぎー」とか「スコティッシュフォールドー」とか裏返したりとかぺったんこにして「ぼうずー」とか、当然やったことあると思いますがその裏返した状態のねこがアメリカンカールです。こちらも突然変異で、南カリフォルニアで発見されました。その子はクロネコだったらしいですが、その後4匹の子猫...

  •  0
  •  0

【世界の猫】垂れ耳の愛らしい顔~スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドはご存知「耳の寝たねこ」です。立っているのも、立ったり寝たりするのもいるみたいですね!1951年にスコットランドの牧場農家で飼っていたねこが、突然変異で耳の寝た子猫を産んだのです。その突然変異で生まれた仔ねこが成長し、仔猫を産んだところ、またしても耳の垂れた仔ねこが生まれました。そしてこれらのネコを御先祖として、スコティッシュフォールドの繁殖が始まりました。耳は立ってこそ猫!個...

  •  0
  •  0

【世界の猫】守ってあげたくなるような小さな体が魅力~シンガプーラ

「シンガプーラ」は日本のネコ業界において、人気トップを占める最有力候補として赤丸急上昇中。アイラインの入った大きな瞳独特の顔立ちアイボリーカラーの被毛そして公認されている猫の中では、最も軽量級女の子猫は成長しても2kgに満たないとか。うちでそんな軽い子、もうどこにもいません・・・シンガプーラ専門ブリーダー/キャッテリー ロイヤルラスターより画像引用シンガプーラの発祥はその名の通りシンガポール。シンガプ...

  •  0
  •  0

【世界の猫】しなやかで華麗な長毛のアビシニアン~ソマリ

「ソマリ」は時々生まれるアビシニアンの長毛をもとに、計画繁殖されました。長毛シャムのバリニーズと同じですね。ふわふわソマリ骨格・体型・性格はアビシニアンと同じ。毛色もアビシニアンと同じですが、アビシニアンが1本の毛に2~4色の色帯を持っていたのに対し、ソマリの色帯は10~11、多いのは12のものまで。一段と豊かで深みのある色合いなんですね~~~シュッとしたアビシニアンソマリの密に生えた柔らかいセミロングの...

  •  0
  •  0

【世界の猫】優雅に揺れる羽根のような尻尾が美しい~バリニーズ

シャムからたまに、長毛の子猫が生まれることは昔からよくありました。まあ毛が長いので、シャムから生まれても不思議なことにシャムとは認められないわけですが。長毛シャムと言うとヒマラヤンなのでは?と議論されるようですが、バリニーズとヒマラヤンは全く違うようです。ヒマラヤンは特質が全てペルシャと同じであるのに対し、バーニーズはシャムと同じ。ただ毛が長い。生まれたきっかけも、ヒマラヤンはペルシャとシャムの混...

  •  0
  •  0

【世界の猫】自活してきたたくましさが今でも残る~ブリティッシュ・ショートヘアー

ブリティッシュ・ショートヘアーはイギリスに古くからいる土着の猫を、血統管理しながら改良した純血種。その歴史は古く、およそ2000年前にローマ人によってイギリス本土に持ち込まれた猫たちが、イギリス土着猫の先祖であると言われています。サイズは大型ですが、アメリカン・ショートヘアーよりはやや小さめ。体格はズングリ型で脚も短いです。顔も丸く大きいから、なんだかむっちりして見えます。毛が厚くふかふかしているから...

  •  0
  •  0

【世界の猫】たくましくおおらかな、まさにアメリカの猫~アメリカン・ショートヘアー

「アメショー」の愛称で大人気のアメリカン・ショートヘアー。アメリカ大陸に古くから土着していた猫ですが、もともとは1620年にイギリスの清教徒たちがメイフラワー号に乗ってアメリカに渡った時に、連れていた飼い猫が始まりとされています。当時はねずみ取り用の猫として、開拓者たちとともにたくましく生きていたんですねえー生のネズミなんてちっともおいしくなさそうですが。胸は厚く首も太い、がっしり型の体型筋肉も強く運...

  •  0
  •  0

【世界の猫】シャムとペルシャがいっしょになった夢の猫~ヒマラヤン

ヒマラヤンという名前は、「ヒマラヤに生息するヒマラヤ兎の毛色に似ているから」そう呼ばれるようになったと言われています。シャム猫のポイントカラーそのままに、ペルシャ猫の豪華な長毛と体型を併せ持った魅力的な猫!1924年にスウェーデンで、シャムとペルシャの交配が行われ、その後1938年にイギリスとアメリカで、ほぼ同時期にシャムとペルシャの混血として初めて生み出されました。初期のヒマラヤンは長毛ではあるものの、...

  •  0
  •  0

【世界の猫】「美しい」という言葉がもっともよく似合う猫~シャム

シャム猫は日本の公認猫種の中では最古参で、かつては純血種といえばシャムの代名詞といっても過言ではないほど。わたくしも幼少のころ、純血か不純血か不明でしたが、実家でシャムと暮らしていたことがあります。長くほっそりとした体形は優雅でエレガント細い骨格としっかりとした筋肉が特有の組み合わせ短い体毛は、きめが細かく光沢がある三角形の顔に大きな耳と鋭いサファイアブルーの眼その名の通り、シャム(現在のタイ)が...

  •  0
  •  0