fc2ブログ

大きい水の激落ちくんと小さい水の激落ちくん

お掃除スプレーを探す果てなき旅。

今回は別に珍しくもない水の激落ちくんです。

詰め替え用買いに行ったら、我が家近所のスーパーとホームセンターが合体したようなお店では、すでに水の激落ちくんはほんのちょっぴりしか扱っておらず、ほとんどがセスキの激落ちくんでした。 
次から次へよく出るな。


水の激落ちくん


しかしそこはあえて水の激落ちくん。

容器の裏の説明をじっくり読み比べてみたけど、汚れ落ちはセスキの方がいいっぽいようなことが文面から読み取れた。

だが、とうとう水の激落ちくんが駆逐された!
という状態にまだなっていないので、とりあえずセスキは先送り。

でもセスキは粉末も売ってて、そっちは水に溶かしてセスキ水を作って使う。

粉末の分量を見てみると、どうみてもそっちの方が経済的なので、次回は粉末セスキを試してみるかも。


今回は水の激落ちくんの詰め替え用買いに行ったのに、本体+詰め替え2パックの特売品しかなく、しょうがないので本体つきの詰め替えパック買ってきました。


水の激落ちくん


でもさー、いっぱい入っててでかけりゃいいってもんじゃないんだよ。

今まで使ってたちっちゃい方が使いやすい。

大きい方は容器がしもぶくれで、重さの重心が下の方にかかっているので、とりまわしづらいというか、変な風に遠心力がかかって重くて使いにくい。


猫のゲロとかは点点と数か所にあることが多いので、さっと持ち出してシュッとスプレーしてさささささっと片づけて、フローリングの溝まで二度ぶき、というときに、しもぶくれのでかくて重い容器は機敏性に欠けるのだね。

中身が重要だけど、容器にも口うるさいんだよ、(一部の)消費者は。




にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply