fc2ブログ

限界体重目前。修行僧のような黒猫ぷっちー。

2か月にわたるおくすり投与を終えた黒猫ぷっちー。
薬を最後まで飲み切ったので診察に行きました。

リビングにキャリーを用意して、中を日に当ててポカポカにしていると


関係ないやつが冷やかしでキャリーイン

関係ないやつが冷やかしでキャリーイン


関係ないやつが冷やかしで入り込む。

肝心のぷっちーは日向ぼっこ。


ぷっちー 2017年11月6日

ぷっちー 2017年11月6日
いっそうがりがりペチャンコが進む

実のところ、この前日から急に何も食べなくなった。
水だけは自分でのみに行く。トイレにも行ける。

水は床にも置いてあるけど、ぷっちーは台所のガス台に置いてある鍋に入れてある水を飲むのがお気に入り。
何も食べなくなってからも、そこにはひらりとジャンプして水を飲みに行く。


ぷっちー 2017年11月6日


階段もひとりで上り下りできるので、人間のベッドにも乗ってくる。
この日も結局何も食べなかった。水だけになって丸二日間。

一食抜いただけでもお腹が減って仕方ないのに丸二日。


病院では体重が先月より500gも減って、もうすぐ2㎏も切りそうになっていたのでおくすりも終了。
残す道は「何もしない」か、食欲が戻るのと炎症がおさまるのを期待してステロイド剤を打つか。

最後の希望に注射を選びました。
薬の効果は48時間。この間に食欲はもどるのかどうなのか。

それとも今日なのか。明日なのか?


ぷっちー 2017年11月7日


無事に朝を迎えた。


ぷっちー 2017年11月7日


階段も一人で降りてきて、ヒーターにも自分であたりにいく。
なにも食べなくなって今日7日で3日目。


カリカリ・缶詰・ちゅーる・おかかなどすべて動員しても口をつけず。

今朝は好きだった焼き魚の代わりに、ぶりの切り身を蒸してほぐして与えてみたけれどやはり食べない。
ほかの猫のごちそうになっただけだった。


3日も食べてないのに、ちょっと目を離すとどこかに移動しているぷっちー。

決意をもって「もう食べない」という選択をしたようにしか見えず、自分で猫生を終えようとしているのか。
まるで即身仏になろうとしている修行僧のようなのです。




にほんブログ村

-PR-

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply