fc2ブログ

ねこ紹介9・10「とら」「ちみ」

私が実家を出てから9番目・10番目に手に入れたねこ  トラ&ちみ


携帯 024


あれは何年前のことか・・・

当時の仕事が休みの日だったけど、ひとりで熱出して寝込んでいた日の夕方、というか夜。


ぴぃんぽぉ~~~・・・ん・・・


とチャイムが鳴ったのでした。


普段からモニター見て、宅配便など以外はめんどくさいので基本居留守です。宗教とか営業とか勧誘とか。
その時は具合が悪かったので当然完無視していたら、しつこく何回も鳴ります。

「クソうるせぇぇぇぇ!」と思いイヤイヤ出ると、中学生だか高校生の女子がボソボソ何か言ってます。

良く聞こえないので1回目はそのまま無視しましたが、またしつこく鳴らすので

「しつけーーー!なんなんじゃい!!」

という気分で出ました。


耳をかっぽじってよく聞くと 「仔猫を拾ったので見てほしい」 というような事を言っているようです。


は? 何でうちに持ち込むわけ?!


でもまあ「仔猫」というので玄関まで見に行くことにしました。
地獄の入り口とも知らずに…


ドアを開けるとそこにはファンシーなタオルにくるまれた、目も開いていないイモムシのような赤ちゃん猫が・・・!
しかもよりによって2つも!!


いもむし3 いもむし2


最初は

「うちにはもうたくさんいるし~」
「今具合悪くて寝てるし~~~」
「獣医さんに持って行って里親探してもらえば」

などと遠回りから直接的に拒否していたのですが、時折仔猫たちが

『ゼヒゼヒゼヒ』 などと、イヤな感じの苦しそうな呼吸をして・・・


ああぁぁぁぁぁもおぉぉぉぉ!


とりあえず隔離寝床!
病気持ってるかもしれないし何より、こんなチビたち、他の猫に遊び転がされてすぐ死ぬ!!


いもむし いもむし4
即おとな猫に狙われるいもむしたち


キャリーケースの中に箱を入れて、布でくるんだカイロ入れて、上からさらにタオル掛けて即席仔猫ハウス完成。

その日からぢごくの子育てが始まりました・・・
病気中なのに… 花粉真っ盛りシーズンなのに…


翌日
観察:翌日の様子

何しろキーキー鳴くし、2~3時間おきのミルクも良く飲まないし、ゲヒョゲヒョ変な呼吸してるし

動物病院連れて行っても軽過ぎて体重測れないし
赤んぼ過ぎて薬なんか飲めないし!!


大人猫たちのいつもの世話、仔猫の特殊な世話、仕事、家事、おまけに花粉………!!!

大部分省きますが、ほんっっっとに育児ノイローゼになりそうでした。孤立無援。
特に「とら」の永遠に続くような腹の底からのキーキー鳴き声が厳しかった・・・


ようやく…ようやく目が開いたころから、おっさん猫のチョキの育児の手伝いもあってだいぶ楽になってきました。
チョキはよく仔猫らのシモの世話をしてくれて助かりました。


ただ、ほんとは私が育てた のに、なーんか母親ヅラして手柄を全部ひとり占めして、

仔猫たちに一番慕われていたのがふに落ちません


大小1

大小2
よりによって…

大小3


1ヶ月半 1ヶ月半2
1ヶ月半くらい経った頃

仔猫食いでおなかパンパン。


その後3 その後2
だんだん大きくなります


しかし初期の栄養不足(母乳じゃない・ミルク飲まない)のせいか、他の猫より若干小さめです。今もそれは変わりません。

やっぱり目も開かない生後わずかで母猫と引き離されるというのは、本当に良くありません。


でもまあ、サイズは若干小さめですが、元気に暴れまわったり、ご飯モリモリ食べてるので、もう心配はしていませんが・・・


ジャー
白多めの三毛が「ちみ」

in炊飯器1
黒いところが多い三毛猫が「トラ」


トラは赤ちゃんのときから、何でもすぐに出来る子でした。
トイレも一発で覚えたし、階段の上り下りも。

調子に乗って転げ落ちたこともありましたが・・・

ちみは優しくおとなしい気性で、トラに散々痛いことされてもされるがままだし、トイレはなかなか覚えないで部屋の片隅でするし。
未だに床掃除をするクイックルワイパーやモップは怖いし・・・


炊飯器に入ったのもトラに1年以上遅れています
まあこんなところは入らんで良しですが。


鬼のトイレトレーニング
鬼のトイレトレーニング中のようす。


さて。

これで現時点での我が家のねこ紹介は全部終わりました。


これから増えるのか?どうなんだ?
もし増えたとして、最後まで確実に面倒見切れる年代か??


最後まで自分が生きて面倒を見たいので、自分からもらいに行く・買いに行く、ということはこれから先は無いと思います。


でも、トラ&ちみのように持ち込まれたり、出先で遭遇してしまったら・・・?
拾う?見過ごす?


そのときは…   分かりません!


さて、我が家には現在、何個の猫がいるでしょう?


にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

-PR-

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply