fc2ブログ

さらばテツ

テツがわが家に来たのは15年前。

公民館の入り口で、目やにといろいろでクチャクチャになった子猫を見かけたものの、仕事中だったしまわりに子供たちもたかっていたので、誰かがもらっていくかも、とスルー。

しかし同じ日に2回目に訪れたときもまだいて、ごはんとかミルクは置いてあるものの、今度はだーれもいない。
…しばし葛藤…


てつ2

てつ1


公民館の人がコビー用紙が入っていた箱をくれ、そのまま持ち帰ることに。

帰ってきてとりあえず風呂に入れると、いくらでもノミが出てきてうえぇぇぇぇぇ~~~


上の写真は風呂上がりに、皿に乗っかってガツガツ大人猫のご飯を食べた後、ポンポンいっぱいになって自分で勝手に羽毛座布団を選んでおねむになった図。


てつ5


目やにがひどかった片目はそのあともずっと白濁していて、ちゃんと見えているのかどうか?

しかし獣医に持ち込んだときは眼球摘出と言われていたくらいなので、だいぶ復活したと思う。


テツ

もようみたいなコゲを作った三毛猫
ストーブによく張り付いていて、おなかに焦げを作ったりしてた


その後ガリヒョロだった子猫も、わが家で1、2、を争う巨猫に成長。
デカ猫だけど気が弱く、よくほかの猫に追い立てられたりしていました。

人間が寝るときは必ず布団に入ってきたり、添い寝したり。


ピオーねこ

2018年冬のオリンピック


そんなテツが数か月前から体調を崩し、鼻水が止まらなかったり、よだれが出っぱなしになったり。

そしてだんだんガリガリになって足腰もよろよろしてきて、それでもよく動き回っていた近ごろ。
みるたびにいろいろな場所に移動してて、食は細くなったもののお水はしっかり飲んでた。


しかしとうとうこの日、自分で降りた玄関から一晩中戻って来なかった。
あさイチで確認したらまだ玄関に横たわっていたけれど、動いているのは確認。

その数時間後、お水をあげに行ったら…

おなかが上下していないような気がして、近くでよーく見たら、ため息みたいな呼吸を2回。
もしや…、と思って声かけて、お水を飲まそうとしたけれど、その後ぴーーーんと伸びを1回、2回くらいして…

とうとう動かなくなってしまった。

2020年6月10日9:30 テツ永眠


体も冷たくなってきたし、もう先は長くないかも、と思っていたけれど、2日前には新品の爪とぎでバリバリ勢いよく爪とぎしていたので、まだもうちょっと大丈夫かと思っていた。


テツ
立会火葬の最後のお別れ


麺類、特にうどんが近年大好きだったので、うどんを一緒に。

テツが死んじゃう前の日の夜、まだそんなにすぐ死んじゃうとは思わなかった夜。
そういえばテツの一番好きなおもちゃは何だったかな~~~と、布団に入ってからずっと考えていたけれど…
思いつかず。

なんでもひととおり遊んだかな?


テツ
後ろ足はキュッとなってて爪が出てた。


しっぽはムチムチに大きかったころとあまり変わらないふさフワ感でした。


テツ


おかえり。

つらさからも苦しさからもやっと解放されたね。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply