fc2ブログ

寒さ厳しいので「アイリスオーヤマ ペット用ホットカーペット 角型PHK-L」を導入してみた。

ペット用ホットカーペット
ペット用ホットカーペット PHK-L


ペット用ホットカーペット


表面:高め約38℃
裏面:低め約28℃

センサーがわずかな温度変化を細かく感知・制御し、スイッチのON/OFFを自動で行い、常にほぼ一定の温度で保温するという。

だからなのか、本体にもコードにも、スイッチというものがついていない。


ペット用ホットカーペット


ペット用ホットカーペット

このコードが、帯に短し襷に長しというか、全てにおいて短い。

短すぎてコンセントから直接つなぐと、コンセント周辺だけでしか使えない。
コンセントから30センチくらいで使うならいいけど、延長コード必須。


ペット用ホットカーペット

ペット用ホットカーペット


表はフリースっぽい布、裏はゴムっぽいイボイボのカバー。


ペット用ホットカーペット


このホットカーペットを単体でソファに乗せたり、人間のベッドに乗せたり、いろいろやってみたけれど(家族が)、プイっとだれも使わない。

そこで


ペット用ホットカーペット


猫ドームの中に敷くアレンジ。
サイズピッタリ。

でも直しても直してもつぶされているドームなので、果たして…


ペット用ホットカーペット


最初はまんまとこのまま入って、ヌクヌク使っていたのですが…


ペット用ホットカーペット


ホラ。 やっぱね ┐(´∀`)┌

あとは何度直しても直してもやはりつぶして乗っかって使うので(どの猫も)、もうあきらめた…

でもまあ、直にホットカーペットの上に乗っかって使うより、低温やけどの心配はないかな?と思う。

手で確認したら、ドームの屋根越しにでもほんのりあったかいので、猫らが良いならいいよそれでもう。

というところに落ち着きました。


どの猫も入れ替わり立ち替わり使ってる。
ホットカーペットがお気に入りなのか、ドームがお気に入りなのか分からないけど。

ただ温度自動制御とはいうけれど、つねにコンセントさしっぱなしは怖いので、出かけるときは抜いて行ってます。

スイッチがついてるともうちょっと安心だったかも。

ドームに突っ込んでるので、温度が高いほう・低いほう両方試すことはなく、つねにフリース面(高いほう)を上にして使っています。
温度はそんなに高くない。人間が座った後の座布団くらい。(ドーム屋根越しで)

ただ今回Lサイズとは言うものの、大きくない猫ドームにすっぽり収まるサイズだったので、大きめのワンコにはちょっと小さいかもしれません!

猫は多少巨猫でも大丈夫そう。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply