fc2ブログ

ねこに食べさせてはいけないものは

ねこの食べ物といえばイメージ的に魚。
猫缶も魚の方が圧倒的に多いです。

しかーし

本来ねこは砂漠に住み、草食動物を食べていた肉食動物です。
ねこの子分 の虎とかライオンは、今も元気に生肉食ってます。

なので、魚だけではねこも必要な栄養分が取れないというハナシですよ。

だから「キャットフード」として販売されているものは、ちゃーんと猫本来の食性を考えた栄養バランスになっているはずです。


ハンター
ときどき野生を思い出すねこ


ところで。
ねこたちには毅然と猫ごはんだけ上げてますか?

あの意地汚いかわいこちゃんたちが、人間の食べ物を狙って 「くれーくれー というのに耐えていますか?


うちは…

焼きノリ・肉・焼き魚・刺身のとき、多少与えて気をそらしておかないと、人間のごはんが食べられないのであげちゃってます。
積極的に狩って(盗んで)いくときもあります。


本日は 絶対食べさせないで!!! に絞って自戒を込めてお伝えしようと思います。


<ねぎ・たまねぎ> 
 
ねぎ類に含まれるn-プロピルジスルフィドなどが、赤血球中のヘモグロビンを酸化
溶血性の貧血や血尿といった症状を引き起こします。
ねぎを煮込んだ汁を舐めただけでも中毒を起こす場合があるとか。


<イカ・タコ>

イカ・タコに含まれるチアミナーゼが、神経系に異常をきたす中毒を起こす危険が。
「ねこが食べると腰を抜かす」なんて言い伝えのある食べ物ですが、足腰の神経に異常が出て、歩行困難になった状態だといいます。
チアミナーゼは熱で活力を失うので、ゆでたものを少しあげるなら良いようです。
カニ・エビも同様ですが、甲羅は消化不良になるので

<チョコレート>

年に1度大量にもらえる人たちもいるでしょうが…
原料のカカオに含まれるテオブロミンという成分が赤血球破壊を破壊し、血尿・血便・下痢・嘔吐・痙攣発作などを引き起こします。
少量でも中毒症状を起こすこともあり! 
カカオが原料に含まれる食べ物も与えないで。

<あわび・さざえ>

「ねこが食べると耳が落ちる」って言われています。
海藻を食べて育つ貝、海藻に含まれるクロロフィルが、貝の中で分解されて毒素になり、肝に蓄積されていきます。
この毒素が光に反応する物質で、食べたねこが日光に当たると毒素が体内物質を変化させ、重い皮膚炎をおこします。
とくに皮膚が薄い耳に症状が出ることが多いようです。

<観葉植物>

アイビー 全体に毒!口にすると嘔吐・下痢など
アロエ  樹液に毒!大量摂取により腎炎を引き起こす
カラー  全体に毒!口にすると口の中に痛み・腫れ
ポトス  口にすると口の中に痛み・腫れ

あと オシッコの病気があるねこ には、わかめ・しらす・にぼし・のり・かつおぶしもだめです。
これらには尿結石を促進させるおそれがあります。

うちは生肉にはそれほど興味を示さないけど、刺身とか、焼き鳥とかチキンとかのトリ全般にものすごくギラつきます。

ちくわの磯辺揚げを盗まれたこともあります。




にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply