fc2ブログ

ねこ紹介1「ちよ」

私が実家を出てから、一番最初に一緒に暮らしたねこ ちよ

数年前に虹の橋を渡って行きました。


ちよ1 
昔なのでちっちゃい写真しかない


仔猫の里親募集に申し込んだのに、いそいそと行くとそこには…

普通より巨大で、普通より弱っぴの男子ねこがおりました。

一時的に保護しているという、犬猫の保護活動ボランティアの人が言います。


「一人暮らしのおばあさんが飼ってたんだけど、入院することになって…。
あちこち探しているんですが引き取り手がいないんです。
このままじゃ保健所送りに…」



きゃわゆ~い手のひらサイズの仔猫ちんを貰う気満々でいたわたくし。

しかしそこにいたのは超巨大な体を精いっぱい小さくして、人間用のトイレの奥の方に隠れているねこ…。

どうする?!どうなる?!  つづ… かない。


多少躊躇はあったものの、これも運。

そのでか猫を貰っていくことにしました。


それから10年以上…  当初何歳だったのか分からなかったけど、育ち切っていたので、1歳以上ではあったでしょう。


ちよ2

ちよ6 
君臨しているところ  


ヒーターを制するものは猫社会を制す。


ちよ5  
意味無くセピア  

ちよ3 
写真の向き間違えた

ちよ6 
安息の押し入れ


脱走したりけがしたり、何回も引っ越したり怖い思いして、晩年は便秘に苦しんだり目が見えなくなって来たり…
出そうになった時がチャンス!と、寝ていた私の枕にうんちされたり…

枕ウンチは、寝て起きると顔のチョーギリギリのところにあったトラウマが…

そのうちしっぽの付け根あたりをしぼるように押すと、すぽん と、うんちを出させることが出来るテクニックを身につけたわたくし。


しかし他にもねこがいたので、一身に愛情を注がれたとは言い難く。

ちょっとでも幸せだと思ったことがあればいいのだけれど。


ペット霊園で葬式してお骨にしてもらって、今みんなと家に一緒にいます。

いずれ人間と入れる墓を買ったら…と思ってるけど、わが家には後継ぎがいないので、墓もどうしようかな~~~問題あり。


知り合いの知り合い(要するに全然知らない人)が、こーんな骨壷袋つくってくれました。 


ちよ7


にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply