fc2ブログ

はたらくねこさん「駅長代行 ニタマ」

働く猫といえば(?)和歌山電鉄貴志駅駅長猫の「たま」ですが、その「たま」に昨日なんと、部下ができたといいます。


その名は「ニタマ」(1歳)。

「たま」に<似た>姿が名前の由来だそうです。


たま電車
たま電車


「ニタマ」は岡山市内で保護された子猫で、電鉄親会社が譲り受け育てていました。

たまが休みの日曜日のみ、岡山から貴志駅に出勤して駅長代行を務める予定だそうです。

たまが駅長就任してからもう5周年なんですね。


現在たまは12歳で、高齢のせいか勤務中のうたた寝もしばしば。

和歌山電鉄の社長は、「これから若いニタマが猫の手を貸してくれる」と言ったとか。


たま電車


【追記】

「たま」は2015年5月19日から鼻炎のため入院していましたたが、復帰することなく同年6月22日に急性心不全のために亡くなってしまいました。

その後「名誉永久駅長」の称号を与えられ、貴志駅の神社の一つ「たま神社」にまつられた神様となりました。

「ニタマ」はスーパー駅長となり、貴志駅で以下の勤務体系で現在(2018/12/12現在)も勤めているそうです。

勤務時間  10:00~16:00
公休日 水曜日・木曜日
和歌山電鉄HPより)



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply