fc2ブログ

「わちふぃーるどオンラインショップ」なるもの

猫のダヤンの不思議な世界「わちふぃーるど」にオンラインショップがあった、の巻。
→ わちふぃーるどオンラインショップ


やけにでかくてつり上がった目の、猫のダヤンが主役の不思議の世界「わちふぃーるど」。
キャラは知っていますが・・・ 読んだことありません!


泣けるんでしょうか?

ほのぼのするんでしょうか?

なんか学ぶのでしょうか?



ダヤン、わちふぃーるどへ (Dayan in Wachifield) [ 池田あきこ ]


【ダヤン、わちふぃーるどへ ―わちふぃーるど物語〈1〉】 あらすじ

「ダヤン、きっとあんたは特別な猫よ」

風も雨も稲妻も、ダヤンが生まれるときを待っていた…。
嵐の晩、雷鳴とともに生まれた猫のダヤン。

生まれてから飼い主のリーマちゃんや母猫・弟猫と、地球で子猫時代を送っていたダヤン。

そんなある日、雪の魔法で不思議の国「わちふぃーるど」へ。
そこは動物たちが平和に暮らす世界だった。

ダヤンは街の危機に立ち上がり、仲間とともに冒険の旅へと出る。

待望の長篇ファンタジー・シリーズ「わちふぃーるど物語」第一弾。
ダヤンの誕生、そして不思議の国わちふぃーるどへやってきたダヤンの、はじめての冒険を描く長編ファンタジー。


まるっきり絵本かと思ったら、大人もたのしめる小説でした。

そうか~、冒険ファンタジーだったのか~


昔このジャンルの本をむさぼり読んだ記憶がありますが、好みは変わっていくもので…。


ムーミンとかハリポタとか、ナルニアもそうだし、
「西の善き魔女」や「精霊の守り人」「血族の物語」など、異世界小説とでも呼ばれるファンタジーというか冒険というか


たまには必ず人殺しが出てくる話ばかりじゃなくて、こういう本に戻るのもいいかな!



ニチドウ ダヤンキャットフード 成猫用 400g 関東当日便


にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

-PR-

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply