fc2ブログ

そろそろバレンタインですが。山ほどもらえる人も配る人もそうでない人も

ペット保険シェア大手の「アニコム損害保険」が注意を呼び掛けていました。


まもなくバレンタインデーで、1年で一番家庭にチョコが集まる日だと思いますが

ペットのチョコレート中毒にくれぐれも気をつけましょう!

動物病院イラスト

アニコムによると、保険契約のうちチョコレート中毒による保険金の請求が200件以上あり(2009年度)、そのうち2月に44件、というのが最多だったそうです。


チョコレート中毒は、チョコレートに含まれるテオブロミンという物質が、血圧の上昇や昏睡などを引き起こすといいます。

アニコムの契約者に対する調査では、飼い主の9割がペットがチョコレートで中毒を起こすことを知っていました。


一方で獣医師172人のうち、141人がチョコレート中毒を診断した経験があったということです。
その中では9件の死亡例もありました。


9割の飼い主が「ペットにチョコレートは毒!」と知っているのに、どうしてチョコレート中毒のペットが出るのか?

「ちょっと目を離したすきに」
「あっ、と思ったときにはもう遅かった」

それぞれ、ペットがチョコレート中毒で受診した飼い主の93%・91%と高い確率の回答です。


チョコレートは人間には甘~くて美味しいですが、ペットたちには死を招く危険な物体です。

ペットのそばには置かないように注意したいですね!



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

-PR-

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply