fc2ブログ

「ねこの日」はわが家では永遠にむーちゃんのもの

急に寝たきりになってしまったむーちゃん。


むーちゃん


それでも時々もぞもぞ動いたり、指を手のひらに潜らせれば「ぎゅっ」としていました。


だんだん痩せてきて、ぼそぼそと毛割れが出来てきたのは去年9月ごろ。


むーさん2


本当に翌日突然寝たきりになって、呼びかけたり、掛布団めくってなでてみたりしていたら、日付が変わって無事ねこの日を迎えられました!


その後しばらく同じ部屋で仕事などして、寝る前にもう一度むーちゃんを確認しておこうと、掛布団をめくってみた午前2時半ころ。


むーちゃん3


いくら見ていても全く上下しなくなったおなか。

硬直がはじまりつつある冷たい足先。


呼吸をしなくなったお腹をなでてみると、まだほんのりあったかかった。


一緒の部屋にいたのに私は全然気づかず、なんの気配さえ見せずに、たった2時間の間に

むーちゃんは静かに逝ってしまった。


苦しかったかな

最後は撫でたり手を握ったりしていて欲しかったかな


良い飼い主ではなかったから、むーちゃんは未練なくあっさり逝けたのかな。

苦しんでなければいいのだけど。


今頃先に橋を渡ったちよと出会えたろうか。


今週末、ちよも見送った「ポチたま霊園」で、立会火葬でむーちゃんをおくります。


予報では涙雨



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

しょこママ  

むーちゃんも静かに一人で旅立ったのですね。。
きっと仲間がお迎えに来てくれて、旅路は一人ではないと思います。
温かいおうちの中で一生暮らせてむーちゃんは幸せだったことでしょう。
それにしてもお別れの辛さには馴れないものですね。
むーちゃんが無事天国へ着きますように。

2012/02/23 (Thu) 12:49 | EDIT | REPLY |   
三日月の爪">

三日月の爪  

しょこママさん

もういい年だったので
夏は越せないかな?などと思っていましたが

旅立つ前日まで人一倍食欲旺盛なままでした

老衰というのはこんなにあっさりと
逝ってしまうものなのですかね

別れの辛さは出会った時から準備が始まるのですが
我が家ではまだ
あと8回は経験しなくてはなりませんe-441

2012/02/23 (Thu) 19:20 | EDIT | 三日月の爪さん">REPLY |   

Leave a reply