fc2ブログ

【世界の猫】豪華な長毛種の代表格「ペルシャ」

野生のネコ科動物は、全て毛は短いか、中くらいの長さです。

イエネコも短毛の方がほとんど。


ではなぜ長毛のネコが誕生したのか?

ロシアのような、気候が寒冷で暑い被毛が必要な土地で発達したとか、突然変異によって自然発生したとか、色々言われているようです。


ペルシャ猫


ペルシャ猫の正確な起源については今も分からないということですが、一般的なものは、名前からペルシャ(現アフガニスタン)が原産と考えられています。

古くからいた土着の長毛猫と、トルコやアルメニア地方にいた、顔が長く被毛の長いアンゴラ猫を基礎としたといいます。


そして100年以上も計画繁殖を続けた結果、胴が短くて骨太がっしり、顔がまんまる、目もまんまる、鼻ぺチャでゴージャスなロングヘア~~~という、現在のスタイルが誕生したんですね~~~

性格は従順でおっとり、いたずらをしたり家具の上に跳び上がったりすることはほとんどなく、大声も出さず、とくにメスは発情期でも声を出さないことがあるといいます。

信じられないですねー、あの、赤ん坊の泣き声のような声を出すことがないとは!


まあ我が家では全員手術済みなのですが、手術をしても男の子はトイレ以外で立ちションするやつもいる、女の子は発情期のような声でぎゃあぎゃあ騒ぐ子もいます。

冷蔵庫の上から立ちション された日にゃー  がっかり脱力この上ないです。
よりによって出かける直前とかにね!


長毛種は毎日毛並みのお手入れが大変そうですね。ブラッシングとか。
毛玉ができたら大変らしい。

お風呂もしょっちゅう入れなきゃいけなさそうだし、うんちがおしりの周りの毛につきやすいともいいますね~~~

目の周りも涙が出やすいようで汚れやすく、まめなお手入れが必要のようです。


ともあれ人心をとらえ続け、ペルシャは猫人気ナンバーワンともいいます。

お値段はさすがの20万~40万円なり。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply