fc2ブログ

アレルギーの話

20年以上花粉症なので、やっと春の花粉のシーズンが終わりほっとしています。

でもまあ数年前からこの時期だけ薬を服用してますので

鼻の穴が無くなったんじゃないかという鼻詰まりも、
怒涛の鼻水もくしゃみも

かなり抑えらるようになりました。

まあ外出時はマスクもするし。
でもマスクって気候のいい春先は暑いんですよね!


新春ぽかぽか猫


で、人間はまあ自分で何とかするからいいけど、猫のアレルギーですが。

その原因となるのは、食物・ノミ・蚊・ハウスダストや花粉など様々。

そもそもアレルギーとは、体内に異物が入ってくると、その異物をやっつけようと、それに立ち向かう仕組みによって起こります。


しかし、体にとって通常は無害な物質や自分自身に対して免疫が働き、それがかえって体に害をあたえることがあり、この過剰な反応をアレルギー反応といいます。

猫が顔をかゆがる時、疑われる病気の一つが食物アレルギーです。


それを食べてから数時間~数日たってから皮膚が赤くなる、脱毛する、皮膚の表面がはがれるなどの症状が出てきます。

特に首から上の皮膚を物凄くかゆがることが典型的な特徴です。


ねこドームとねこ


似た症状に耳ダニもあります。

耳の中に多量の耳垢があると耳ダニが疑われます。
耳垢の除去とダニの駆除で治療できます。

食物アレルギーの場合は、除去食を食べさせ、かゆみが軽減するか時間をかけて様子を見ます。
食べた物が原因で、最長8週間かゆみが続くこともあるからです。


ごはんまち


そういえばわたしも、原因不明のじんましんが全身に出て苦しんだことがありますが、結局なんなのか分からないまま、ステロイド剤を大量に消費してある日なんとなく治まって行きました。

で、数日前また、同じ症状が右手首と両手の指に出た時には焦りました

増えていないか、毎日何回もぶつぶつを数えたりして(*´▽`*)


幸い数日で、それ以上広がらずにおさましました


もふもふ


食物アレルギーの次はノミアレルギーです。

ノミが何匹も付いていても平気な猫もいれば、たった1匹だけでアレルギーを起こす猫もいます。

食物とノミ、これがねこの2大アレルギー原因です。


よくみられる症状としては、おへそより後ろの背中やおなかに小さな発疹ができることが多いです。

1匹でもノミにさされれば、かゆみや病変がおこる場合があります。

ノミ・ダニの駆除は日ごろから注意したいです。


ねこいり段ボール


ほかにアレルギー気管支炎(猫ぜんそく)では、ハウスダストが原因となることが多いです。
発作は突然起こり、気管支が狭まり呼吸困難に!

見るに堪えない苦しそうな様子が想像できます。


再発することも多く、長期にわたって薬での治療も必要になってくるといいます。
家猫なら、人間の注意でアレルギーにする危険を減らせそうですね!


しあわせにゃーす


蚊に刺されてかゆくなるのも一種のアレルギーですが、中でも症状がひどいものを蚊刺過敏症と呼びます。
かしかびんしょう  です。

赤い発疹が出てただれるという症状が多いようです。

蚊に刺されないようにする、のが一番ですね。
猫が刺されてるくらいだから、人間も刺されまくってるでしょう。


ほんと出来てからのぶつぶつかゆかゆはたちが悪く、一応自制心というものがあるはずの人間でもバリバリやらずにはいられません!

かいちゃだめ~ かいちゃだめ~ と分かってるのにね!


全部を防ぐのは難しいけど、原因予防が一番ですね!



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply