fc2ブログ

時期も時期なので  人と猫の防災対策をば

災害時、ねこをどうすれば…

と漠然と不安を抱えていましたが、
今回巨大地震が起き、大災害は空想ではないというのを実感しました。


家が残っている場合なら、そのまま残れますが
火災・地震・台風などの災害で、倒壊するなど住めなくなった場合。


千葉の友人宅
千葉の友人宅 幸い住めるけどまず途方に暮れるわな


我が家はねこの総数が一般家庭的ではないので、ひとまず自家用車で彷徨うことになりそうです。
同行避難しかありえないと思っていますが…  問題は多そうです。


災害が起きた時の避難の流れ

いざ災害が発生すると、あーもこーも無くなるわけですが
とりあえずまずは飼い主本人の身の安全を第一に!

飼い主が無事でなければ、ねこたちも助けられません!

避難など、家から出なければならなくなったら
電気が復旧したときに起こりやすい通電火災を防ぐため、ブレーカーやガスの元栓を閉めましょう。

・猫を連れだせる場合
→抱かずにキャリーケースなどに入れて。フードやトイレなど、持ち出すものは多そうです。

・連れだせない場合
→何日か分のフードと水を置いて、トイレもきれいにして、なおかつできるなら数を増やして置いていきたい。


自宅に戻れず避難生活を送ることになったら…

・ねこ同伴可の場合
一緒に避難生活を送ります。避難所であれば周囲への気遣いで、ねこも人間もつかれそうです

・同伴不可の場合
①動物救護センターで一時的に預かってもらう
②自家用車や自前のテントなどで生活する
③親戚・知人に預ける
④自宅がなんとか無事ならねこだけで生活させる
⑤新しい飼い主を探す… いやだっ

ねこが行方不明の場合 
自宅付近を中心に捜索(写真付きポスターを貼るなど)  


避難所のペットへの対応は地域によって異なるようです。
しかし『無い』と思っていた方がよさそうです。

過去の例では、少ないですが動物を受け入れていた避難所もありました。
避難所で一緒に生活できない場合は、民間のボランティアや自衛隊が設置した、動物飼育可能なテントで生活していたようです。



迷い猫にならないために

離れてしまったときのため、身元を明確にするものを着けていると戻ってくる可能性も高くなりそうです。

①ネームプレート・首輪・迷子札
②マイクロチップ
③個体識別『グリーンタグ』を装着する→日本動物愛護協会


日ごろの準備も欠かせませんね。
我が家のねこらは基本裸族で首輪もつけていないので、あっという間に野良猫扱いになりそうです。やばい。


我が家でも、完ぺきではない非常持ち出し袋が一応あり、東日本大震災の今回、その中に電池とか懐中電灯とか入れておいて役立ちました。

以前はねこのご飯もある程度入っていたんですが、時がたつにつれ日々のご飯に消えていきました…  

かさばるので一緒に入れないにしろ、ご飯やトイレ用品は日ごろから2週間程度分は貯えが必要ですね
すぐに物流が戻るとも限りませんし。


今回あちこちで買占めがされてますが、とりあえずねこモノはいまのところ大丈夫みたいです。
ドラッグストアではトイレットペーパーとティッシュの棚がすっからかんになってました。

我が家で一番きっちり備蓄してあるのは「紙類」と「水」です。3か月はしのげます。
この二つだけは絶対に在庫を切らしません!紙なくなったら猫のゲロとか掃除できないし。


非常持ち出し袋の中身、使っちゃった分はちゃんと補充しておかねば!!



にほんブログ村

-PR-

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply