fc2ブログ

動物愛護管理法が改正?半分納得・半分反対。

動物愛護管理法。 とは、動物の愛護と動物の適切な管理(危害や迷惑の防止等)に関する法律です。

対象動物は、家庭動物・展示動物・産業動物(畜産動物)・実験動物等の人の飼養に係る動物になります。

すべての人が「動物は命あるもの」であることを認識し、みだりに動物を虐待することのないようにするのみでなく、人間と動物が共に生きていける社会を目指し、動物の習性をよく知ったうえで適正に取り扱うよう定めています。
(基本原則)



昭和48年に制定されてから二度、大きな改正が行われており、現在、2012年の通常国会での改正法成立を目指しています。
震災の影響で伸びるかもしれませんが…

部会や委員会は傍聴が可能です。
日程などは→環境省自然環境局ページへ


現在「犬ねこのマイクロチップの義務化」「犬ねこの不妊去勢の義務化」などが議論されており、これらには、迷い猫や過剰な繁殖など、不幸な境遇のねこを増やさない効果があるといいます。

法案が成立すると、飼い主は犬ねこにマイクロチップを装着させたり、避妊・去勢手術を受けさせることが、法律によって義務付けられることに。

法律なので、違反した場合は罰則アリの可能性も。

わんにゃん


………避妊・去勢はしない方が被害をこうむるのでナットクだし、我が家は全員術済です。

「終生飼養」を義務付けて、悪質な違反者には厳罰を処すのも賛成。
虐待した動画をアップするような奴らは同じ目に合わせるか、こいつらにこそマイクロチップ埋め込んで、誰もが位置を監視できるようにすべき。


しかし


すべてのペットにマイクロチップ義務化まではどうかな~~~、という気がします。
乗り気でないです。

いやむしろヤダ。


だって手術で埋め込むもんですよ!
病気でも怪我でもないのに手術!

確かに脱走などで行方不明になった時には、威力を発揮するのでしょうけど…


人工物をいきものに埋め込む、というのにはかなり抵抗があります。
私はインプラント入れてたりしますけどね!!




にほんブログ村

-PR-


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply