fc2ブログ

神奈川県動物保護センターで2014年度はじめて犬猫殺処分ゼロに。だがちょっと待て~~~

神奈川県平塚市にある、県動物保護センターに収容された犬猫の殺処分が、2014年度ゼロだったと発表がありました。

犬は2013年に続き2度目のゼロ。
犬も猫も、というのはセンターが設立された1972年以来初めてのことだそうです。

しかし持ち込まれた犬猫は、昨年度だけで1000匹以上いるそうです。


殺処分ゼロは新たな飼い主を探そうと奔走する、ボランティアの人たちの貢献が大きいところで、そのほかは

・元の飼い主が見つかる
・センターが新しい飼い主に譲渡する
・収容中に衰弱死

という理由が。


我が家にいるのも全部落ちていた猫なので、保護センターにいる犬猫の事を思うと、救う力が無いのがもどかしいです。

これから犬猫を飼おうと思っている人には、保護されている犬猫も選択の一つに入れてほしいものです。

熊本の保護センターの取り組みは本にもなりましたね。



ところで平塚の動物保護センターというと、引っかかる出来事があったのがまだ記憶に新しいです。

清掃員が犬にかまれたのに腹を立てて、金属の棒で犬を殴り殺したという事件。
それがここのセンターなんですよね。 

それ去年の出来事なんですが、これは殺処分に含んでいないということですよね。
なんか納得いかないけど。

この殺された犬はミニチュアダックスで、引き取られることも決まっていたそうです。
せっかく新しい生活が始まろうとしていたのに…


この清掃員には腹が立ちますが、もっと憎むべきはこの犬を保護センターに持ち込んだ元の飼い主です。

その理由が「ヘルニアになったから」。 

(゚Д゚)ハァ?


胴長短足の犬猫っていうのはヘルニアになりやすいって、常識じゃないの?
知っててわざわざその犬種を買ったんじゃないの?

なんで最後まで面倒見ないの? 


こんな人間が動物の命を握っているなんて怖すぎる。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村
-PR-
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply